鏡遊『僕のカノジョ先生』第1巻

2019年2月16日

女教師ものと来れば官能小説では良くある話だが(「女教師 官能小説」ググって出てきたのがノクターンノベルズだったので……)、ライトノベルに持って来るとは誰もが思っただろうか?

幼稚園の時に告白した先生が結婚したことがトラウマになって、教師に不信感を持つようになった彩木慎(以下、慎)は、校内で一番人気の美人教師・藤城真香(以下、真香先生)に告白されてしまう。

その日から慎は真香先生に逆セクハラ(言い方がそれしか思い浮かばないのだよw)を受けるようになる一方で、陣所カレン(生徒会長でシスター)、天無縫(グラビアアイドル)、神樹無垢(小学生)と美春(慎の妹。学年は一つ下)に相次いで告白されてしまう。先生だけならまだしも、シスターにグラビアアイドル、小学生、実の妹……、どちらもOKの返事を出したら人生終了しかねないよ。

しかし、2回目のデートの時に慎と出くわした貴宗天華(慎のクラスメート)は他の4人と様子が違い、

「藤城先生には、あんたが必要――守ってあげて」

と忠告するのだが、果たしてその真意は? それについては是非読んでみてのお楽しみ。

生徒と女教師となるとお色気展開はあるのか? と聞かれると「その通り」と答えるにとどめるとして、この二人がどうなっていくのか、今後に期待したいです。

鏡 遊
KADOKAWA (2018-08-25)
売り上げランキング: 63,758