阿東里枝『バズったら人生変わるかな』

漫画家を目指して10年、全く売れないどころか連載すら持てずに絶望する日々を送っていた著者。そんな中、イマジナリーフレンドが現れた……のかどうかは本人のみぞ知るのだが(ぉぃ、twitterにて公開した漫画が注目を集める。そしていつの間にか10万フォローとなり、遂には出版までこぎつけるのだが、そこに100ページもの描きおろしがついてます。

出版を機にねとらぼ経由で調べたところ、芸人たちが持ちネタを武器に戦う漫画や正直な欲望をぶつけた漫画などを描いていたのですが、それ以外については追いつけないので筆者のtwitterをご覧になっていただければと(逃げた)。なお、持ちネタを武器にして戦う漫画は実によくできています。しかもネタにされた側がえらく喜んでるし!!

ちなみに、出版記念でねとらぼに取り上げられていたのは「ゴリラになる」エピソードでした(ここからどぞ)。最初は超現実的過ぎて何も言えねぇと思ったのですが、毎日パソコンが全く分からない上司などにちんぷんかんぷんなことを言われて腹を立ててばかりなので、それもアリかなと。苦労しながらやっと「バズる漫画」を生み出せたのですが、そこまで至るには相当の苦労を要したそうで……。

とはいえ、Amazonのレビューが最初っからさんざんなことに(現時点で☆1.5)……。本を出すところまで行ったのに、漫画家は厳しい。

参考リンク:
平野ノラ「斬撃広域(たちひろし)……ッ!」ガンバレルーヤ「クソがァー!」 芸人が持ちネタで戦うアツい能力者漫画に本人も反応 (1/3) – ねとらぼ
他人の金で焼肉を食べたい―― 正直な欲望を全力でぶつけた漫画に共感多数 – ねとらぼ

なお、最後にオチ担当でブログ筆者の話を。自分はバズる前にコメントで傷ついて投げ出したことが1回、デマに踊らされたのが1回、自業自得で炎上したのが数え切れず……。今ではブログ書いてますorz。

KADOKAWA / メディアファクトリー (2019-02-01)