原作:稲垣理一郎、作画:Boichi『Dr.STONE』第6巻

2019年2月18日

第1章、これにて完結。いよいよ司との対決の時が迫る!

The end of “STONE WORLD BEGINNING”

百夜(千空の父親)達6人は決死の覚悟で宇宙ステーションから脱出し、地球に帰還する。そして、百夜は命を賭して千空に100の物語を託したのだった――。百物語の所以もさることながら、コハクにルリ達までもが百夜の遠い子孫で、なおかつ千空の遠い親戚だったとは思いもよらなかったよ。

科学文明の復興の誓いを新たにしたところで、遂に司帝国の刺客たちが石神村に押し寄せるところで第1章完結。第2章のSTONE WARSへ!

The beginning of “STONE WARS”

司帝国の刺客たちが石神村を急襲、金狼が瀕死の重傷を負ってしまう(が、千空の作った薬のおかげでなんとか翌日には回復。やせ我慢はするなよw)。千空たちは戦いに備えて日本刀を作り上げて刺客たちを追い払う。

ただ、司たちに対抗するにしても石化復活液に必要な硝酸がない。そこで千空は携帯電話を作るということを考え付くのだが……、無茶じゃね? と思うけど、その無茶を平気でやるのが千空。綿飴を作り出し、遂には水力発電までも完成! といったところで、次の巻へ続く!

司との対決に間に合うのか?

次から次へと発明品を作り出す千空。だが、司との戦いまであと数か月。果たして間に合うのかどうか気になるけど、千空だったらやってくれるでしょう。ウン、そんな予感がしてきたよ。水力発電所を作っちゃったし、携帯電話まで作れるでしょう。

杠たちもそろそろ合流するのか期待しつつ、次の巻へ続く。

Boichi
集英社 (2018-07-04)
売り上げランキング: 40,666

Dr.STONE コミック 1-8巻セット
Boichi 稲垣 理一郎
集英社
売り上げランキング: 77,357