谷川流『涼宮ハルヒの動揺』

衝撃の2006年版アニメ第1話と2006年版アニメ第12話が収録された短編集。この巻がターニングポイントとなり、後々の長編に繋がっています。

ライブアライブ

名曲である『God Knows…』誕生の話。文化祭の日に焼きそば喫茶に向かったキョンたちは体育館の軽音楽部のライブに足を運ぶ。そこで目にしたのは、バニー姿のハルヒだった……!

『暴走』の解説にもある通り、いつもは素っ頓狂な発言ばかりするハルヒが普通にしゃべっているのが印象に残りました。アニメ版では「いい最終回だった」と思わされるのは間違いないので、ネット配信があったら是非見ておくことを推奨します(Netflixでも見られますよ。なお、Netflixの『退屈』のサムネがひどいものになってますので見てやってくださいませ)。

朝比奈ミクルの冒険 Episode00

2006年版アニメ第1話に選ばれた話がこちら。最初見たときは「なんでこんな話を持ってきたんだよ!!」と思ったけど、監督の話をどこかで読んで納得したり。ちなみに、このウラ話が『溜息』となります。

ヒトメボレLOVER

キョンの中学校自体の友人が長門に一目ぼれしてしまったがゆえに起きるちょっとした騒動を描いた話。まぁ、最終的にはあっさりフラれてしまうんだけどね……(^^;。

猫はどこに行った?

『雪山症候群』の続き。未読の方は『暴走』に戻って読んでおきましょう。

殺人事件風の出し物を用意する話だが、こちらは『孤島症候群』を読んでいるとわかりやすいかも。

朝比奈みくるの憂鬱

最後は朝比奈さんとのデートの話。朝比奈さんは謎だらけだなぁ……。

ってか、映像化されてないと話の流れをつかめないのがちょっと辛い。

改めて、小説という形で読んでみると……

改めて小説という形でハルヒを読んでみると、不思議な感覚が頭の中をよぎっていく。だけど、かえってそれが楽しく感じる。

ハルヒたちに振り回されるキョンだけど、果たして次はどんなことに巻き込まれるのか? それがわかるのは来月。今度はかなりの長編になりそうです。この調子だと、5月に発売が予定されている『分裂』と『驚愕』はかなりの分量になりそう。最後まで読めるかなぁ……。『驚愕』はスニーカー版も持っているけど(^^;。

谷川 流
KADOKAWA (2019-03-23)
売り上げランキング: 4,016