平坂読『妹さえいればいい。』第3巻

オイドS税理士、その手に持っているのは小鳩フィギュアだろ!

春斗はアニメ化のショックから立ち直りつつあるも、作画崩壊が原因でアニメどころか原作までも炎上。小説はきっちりとデッドライン3か月前に書き上げているのに……。一方、伊月は『妹のすべて』の4巻のあらすじすら考えていなかったそうで……。第2巻で修羅場ってたからね(^^;。なお、伊月の『妹のすべて』はこの巻の最後で吉報が舞い込み、その後の話では伊月が春斗以上の売れっ子作家になるのだが、それはまた後の話で……。

なお、この巻では春斗の恋愛相談をしたり、あとは千尋がアシュリーの所にアルバイトに行ったら、千尋が女だったことがばれたり……そんな中、先ほど書いた通りのことが。ってかTRPGのヤツ、大爆笑したじゃないかwww。チ〇コを武器にするなんてありえねぇ!!

次の第4巻はドラマCD版を買っていました(^^;。信者の鏡だな、こりゃ(^^;。

平坂 読
小学館 (2015-11-18)
売り上げランキング: 188,382