平坂読『妹さえいればいい。』第1巻

第1巻が出たのは、前作の『僕は友達が少ない』(以下、『はがない』)が完結する直前だったんだよなぁ……。

倍角文字やフォント変更を駆使したフォント芸を駆使する小説家、平坂読の最新作。前のブログでは感想をちょこっとだけ書いたのですが、その後積んでしまっていました。ゲームをあまりやらない状況なら、そろそろ崩してもよさそうかなと(第1巻だけは再読ですが)。何気に限定版買っちゃったし(^^;。

妹バカの小説家・羽島伊月はほんっとーに妹バカで、担当編集者から

「なっんっじゃっこっりゃあああーーー!!」

「普通でたまるかこの妹キ●ガイが!」

……と怒鳴られる始末。しかも、その後輩である可児那由多は羽島よりも売れっ子だが、出会ったところで……

「おげええええええええ」

と、いきなりゲロを吐かれてしまうわ、何が食いたい? と聞かれると

「先輩のおちんちんがいいです」

と下ネタをダイレクトにかましてくるけど文才は伊月よりも上だったり。

同業者の不破春人はというと、売れっ子作家だけど……

「んー、ツイッターでホモアピール

と、変人もいいところ。しかもリアル妹がいるが、これまたツンデレどころか兄に対する扱いがひどすぎる。んで言い負かされた末に……。

「豚になれ!!」

と怒鳴ってるし! イケメン台無しじゃねーか!!

とにかく、伊月達の周りにはそれ以外にも一癖二癖ある連中ばかりで、そいつらと遊んでばかりだったり。だが、弟と思われている千尋が実は妹だったということがラストでわかったり……と、今後の展開を予想させるシーンも(最新刊ではバレているが、それはまた別の話)。

いやぁ、『僕は友達が少ない』の時以来ですよ、ここまでゲラゲラ笑ったのは。フォント芸もさることながら、エロもゲロも満載。今まで積んでいて損したよorz。

平坂 読
小学館 (2015-03-18)
売り上げランキング: 205,014