モーニング・ツー2019年8月号

2019年6月29日

今月はなかなかブログを更新していないけど、色々あるんですよ……。コミックDAYSで期間限定の定期購読が終わったので、電子書籍で買いました。

四ノ宮小唄はまだ死ねない -BORDER OF THE DEAD- 第1話「お悔やみ申し上げます」

アズレンをやっている人間として(そして生半可にエロゲ界に居た人間として)、期待するしかありません!

10年前、”生”同一性障害、通称”ボーダー”という謎の病気が世界に蔓延し、世界の人口の7.6%が”死者”と変わった。四ノ宮小唄も例外ではなく、一旦は短い生涯を終えたはず――だった。しかし、彼女はボーダーとなり、鼻炎持ちでボーダー専門の女子高生探偵・有坂エルのもとで探偵助手として働いている。

エルと小唄は捜査一課ボーダー対策係の腑貌(ふかお)刑事とともに、とある殺人事件の捜査に赴く。殺されたはずの被害者から話を聞くうちに、事件の真相にたどり着くが……。それにしても、エルは鼻炎で探偵が良く務まるなぁ(2回くしゃみしてた)。それと、アサクリは18歳未満は買えないんだけど、どーやって手に入れてるのか気になる所存。

謎の多い世界観と、素敵すぎる女性キャラに彩られたバディモノ。今後どう化けるか楽しみ!

俺たちの日常は始まったばかりだ

普段は2話連続掲載ですが、今回はなんと3話連続掲載でした。

第6話「伸縮自在なアイツ」

ロビンが目を覚ましたら、なんとエイジの財布とポケットティッシュが落ちていた! というのも、新しいジーパンを買って早速履いていたからだそうで……。そりゃ財布を落とすわw。

第7話「タピオカミルクティー」

煽りでも「ネタにするなら今しかない!」と書いてある通り、ここぞとばかりに流行に乗っちゃいました。しかも、肝心のティーがすっからかん買い物に行ったら、財布を落として第6話と同じオチになりましたとさ。

第8話『チェスト女子高生』

最後は謎の女子高生乱入。彼女は単なるエイジのファンでした。登場がダイナミックだよww。これぞへっきー!

ホントにプロの漫画家だってのにSNSをチェックしたり(漫画家のSNSを見ててサーセンw)、居座った末にファンだと言ったり……w。フリーダム過ぎて手がつけられないよw。

あー、単行本はよ……って、どれだけかかるかちょっとわかりそうにないや(コラ。

モーニング・ツー 2019年 8/2 号 [雑誌]: 週刊モーニング 増刊