沙村広明『波よ聞いてくれ』第4巻

2018年11月14日

今回は茅代まどかから『バレンタイン・ラジオ』の企画書を突如渡されて顔面蒼白の所からスタート。その裏で城華さんの兄が登場したり、久連木さんが小説家デビューしたり……。

個人的にツボったの久連木さんの書いていた小説のタイトル。『ミサイル夫人』ってなんだよ! そして「娘までもが発射台に……」って、どんな官能小説なんだよ!! なお、ミナレの名前の由来もちょっとだけ載っていたりと、今後の話のカギとなるシーンも入ってます。

さて、ミナレたちは久連木さんの小説の取材旅行に行くのだが、そこでとんでもない事件に巻き込まれるとは、当のミナレも知らなかったのだ……。それについては第5巻で!

講談社 (2017-09-22)
売り上げランキング: 4,846