沙村広明『波よ聞いてくれ』第6巻

帯にあった「道民歓喜の大型メディア企画進行中!! 詳細は放送事業者ゆえリーク不可」って、まさかHTBでドラマ化じゃあないでしょうね? それだったらむっちゃ嬉しいのでぜひやっていただきたい所存!! 最近ではNetflixでガンガン番組を先行配信しているので、この際波に乗っていただけたらと。「チャンネルはそのまま!」、無茶苦茶面白いのでぜひ見てやってください。

(以下、ネタバレ含む)

第41話『君に間違いない』~第43話『そうはさせない』

前の巻で謎の宗教団体に拉致られたミナレたちだったが、今回はその続きから。久連木さんが必死こいて作ったメッセージを聴いた麻藤ら三人は急遽和寒に向かい、宗教団体内で大暴れ。

最後に決めたのは沖さんでした。いやぁ、かっちょいい……けど、あんたは彼女と無茶な旅行するなよw。彼女の記憶をすっからかんにさせてしまったのはあんたのせいだろうがw。

第44話『変わらないものはない』~第48話『傷つけないとわからない』

謎の宗教団体も見事に壊滅し、作者お得意の監禁展開は一件落着。

あれから警察の取り調べなどで身も心も疲れているミナレさんですが、放送を巡る環境の変化もさることながら、1か月いなかったことで城華さんにあれやこれや仕事を奪われてしまい、ボイジャーでも居場所ナッシングな状態に。しかも茅代さんに昔の男の話をしたり……。もちろん、来年(作品内では2016年)2月に行われる予定のバレンタインラジオの末席を飾ることは内定済み。

その一方で、「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」とチコちゃんのごとくミナレを叱りつける南波さんが次の企画を受け持つことになる。その一環で番組の公式ツイッターアカウントを作成したら、なんとそこに引きこもりの母親からのダイレクトメッセージが! ミナレは戸惑いながらも引き受けることになるが、その一方で城華さんが中原さんの部屋を出ることになり、ひと悶着に……。

これ、2015年の話だったんだね

和寒での一件の話でちょっと触れたんですが、このマンガの舞台は2015年の札幌です。なお、時事問題に関しては2018年だったりしますが、筆者曰く「慣れてください」とのこと。もう無茶苦茶なんだけど、この際だから慣れてやろうじゃねーかコンチクショウ!

ミナレは宗教団体から解放されても絶好調だなぁオイ。怒りで実名晒しやってるよw。投稿した人がトラウマにならなければいいがw。

次の巻ではますます時系列が狂う出来事ばかりになりそうだけど、なぁにテレビアニメ化だろうが、テレビドラマ化だろうが、Netflixでドラマ化だろうが、どこまでも付き合いますよコンチクショウ!(二回目)

沙村 広明
講談社 (2019-03-22)
売り上げランキング: 114