他人に縛られるな!

2019年6月16日

他人に縛られるのは「クソオブザクソ」です!

自分の長いネット人生の中で、ここ1年はイヤーなヤツに出くわすことが多いです。そのことについてちょっと反省を込めて……。

(以下、不快な表現があるために分割)

オワコンなスマホゲーに束縛させる

以前のブログログを引き継がずに作り直す要因になりました。

以前、テレビアニメ化したは良いが大爆死、家庭用ゲーム機で登場してもあまりいい評判じゃなかった(Amazonのカスタマーレビューでも☆が2程度だった)スマホゲーをやっていたことがありました……って、うちのブログでは散々取り上げていましたね、サーセン。

で、そのゲームのフレの一人が自分の不調を見るや否や豹変して、自分をがっつり束縛したんですよ。このことも散々ブログに書いた通りでして……。

その結果どうなったかって? やりたいこと(家庭用ゲーム)をやるにしても、相手のペースに飲み込まれてしまって何にもできなくなりました。最終的には自分から離れようとしましたが、そうした途端に本性をむき出しにして暴れ出しました。

現在は当該人物とは距離を置いてますが、その時受けたダメージは心だけでなく、体のほうにも及んでいます;;。

他のハードをけなす

次はここ最近苦しんだことについてです。

やっと家庭用に手を出せる! と思って安心したら、XBOX ONEを至高のハードと考え、PS4やSwitchをけなす人物とやり合いました。

自分はPS4でゲームをやりたいだけなのに、どうしてこうもマウントを取るんだ! と苛立ちを募らせ、最終的にはtwitter上で相互フォロー解除することになりました。

毎日毎日暴言を浴びせられ続けるよりは、お互いがっつり距離を置いたほうが幸せになれます。

他人に縛られずに生きたい!

スマホゲーの件と家庭用ゲーム機の件で共通していることは「趣味」に関わることです。

スマホゲーの一件で、自分は趣味で消耗する恐怖を味わいました。好きだったゲームに縛られ、最終的にはそのゲームから逃れられない状況になってしまったのですから。その反動があり、現在では該当するゲームからは離れた距離に立っています。他のゲームをやっている以上、もう二度と自分から触れることはないでしょう。

家庭用ゲーム機の件では、感情的になることは愚かなことだということを悟りました。自分がメインとしているゲーム機を比べたがってしまうと、キリがなくなってしまいます。そうなると遊びたくても遊べない状況を作ってしまいます。

とにかく、他人に縛られたり、好きなものを馬鹿にされるよりは、自分のやりたいことをやるのが一番! そのほうが、ストレスコントロールにも繋がるし、趣味を楽しめるし。