PlayStation4

真っ先にそこかよ! と突っ込みたいですが、不治の病を背負ってしまった以上はねぇ。

 新拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ」が発表。2019年初夏にリリース

4.5では光の戦士が闇の戦士となり、5.0では解放者となったアシエン、そしてガレマール帝国と戦うというシリーズのクライマックスとなるストーリーが展開されるのですが、やれる時間があるかというと、今後のことを考えると厳しいのが現状でして……(^^;。もう自分も年を取ってしまったなぁorz。4.0は序盤の所でストップして、Forzaやスマホゲーばかりやってしまってたからなぁ。

吉Pのようにゲームを仕事にしているならともかく、ストレスで体をぼろぼろにしている(とはいえほかの人に比べると数分の一の働きしかしていないうえ、PCで眼を傷めたに近しい)自分としては、どこまで楽しめるかが心配です。

雑記帳

(原文公開:2018年11月3日、はてなブログ 改稿:2019年2月10日)

ブログに書くのはいろいろと気が引けますが、他の知り合いにも知ってもらいたくて、この際だから告白します。自分はここ1年近く、ゲーム内の知り合いのせいで災難に遭いました。

その結果、2年前に再開して自分のペースでプレイをしていたガールフレンド(仮)を引退し、AmebaのユーザーIDを削除しました。そのことについてすべてお話しします。

書き直すにあたって、自分の長話を要約していただいたかーずさんの感想を参考にしました(かーずさんが原文を読んでくださったときの感想)。かーずさんに改めて感謝します。ありがとうございました。

スマートフォン

イベント終了まであと4日あるのはだるいというか、なんというか……。

今回は因縁の対バンイベントです。

イベントで手に入れられるRoseliaのメンバーは手に入れちゃったので(あとはガチャだけ)、残り4日はおとなしくアズレンでもやろうかと。スマホゲーばかりやると目が疲れちゃうからね。あ、あと、今回のストーリーは必見です。

なお、ランキングの所は突っ込みを避けるためにモザイクかけました。悪しからず。以前のブログをつぶす要因になっちゃったからね……。

エッセイ/コラムetc

吉Pがファミ通で掲載している隔週コラムの第2弾。前作ではFFXIVを新生させるまでの話がメインだったが、今作では一変して吉Pの普段考えていることをそのまま形にしています。もちろん、その間に現在サービス中の『紅蓮の解放者(リベレーター)』の発表も入ってます。

FFXIVのプロデューサーとしてアメリカとカナダに渡り、UBIソフトの開発プロセスについて語る回もあれば、Uberを使って「すげえ!」と感じたり、ぶっつけ本番でメキシコに行ったり、老眼になって目薬が手放せなくなったり(実はブログ筆者も緑内障で、毎日決められた時間に目薬を付けないと視野を維持できなくなっているのだ)……。

本編の最後には光のお父さんの制作秘話や、紅蓮の解放者の秘話もありますので、気になる人は必読。そして、インターネットにて個人を特定するデータが一生残るという話もありますので、気になる人は是非一読を。

吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
吉田直樹
KADOKAWA (2018-02-07)
売り上げランキング: 24,894

単行本

古代と現代を行き来するタイムスリップコメディが帰ってきた! 今度はオリンピックだよ!

草食オタクのデメトリオスがツボから出た先は、東京オリンピックに湧く1964年の東京! デメトリオスが未来の日本で見てきたことを古代ギリシャに持ち帰っては、村のピンチを救っちゃうって言うんだから……、って、大傑作だったテルマエ・ロマエの焼き直しじゃないか! しかも作者自身の手による焼き直し!! テルマエ・ロマエは帝政ローマだったのに対して、こっちは古代ギリシャ。テルマエ・ロマエがお風呂がテーマだったのに対して、こっちはオリンピック……って二回言っているよ。

もちろん、装丁も見事なまでにテルマエ・ロマエにそっくり! 内容も前作と全く同じ!! ……だけど面白いです。次は今年冬登場予定。こうなれば最後まで読みますよ! そして、出来れば2020年の東京オリンピックも出してくれれば……(ぉ。

オリンピア・キュクロス 1 (ヤングジャンプコミックス)
ヤマザキ マリ
集英社 (2018-07-19)
売り上げランキング: 1,752

単行本

夏休みに突入したこはねたちチア部は合宿やコスチューム新調のためのアルバイトで大忙し。当然ながら合宿やアルバイト先でもこはねのドジは健在。本当にチアやって大丈夫なのかよ? と思うけど、そこはそこ。持ち前の明るさで何とかなってます。そして、夏休みの最後には大会に初出場。しかし……というより、当然ながら結果は見事予選落ち。始めたばかりだから順当とはいえ、立ち直り早っ!

いろんなことがあった夏休みが終わって新学期を迎えるのだが、顧問の犬養先生が体育会の実行委員をやることになってしまって部の面倒が見切れない状況に。果たしてどうなるのか……と思いきや……?

合宿にアルバイト、そして大会出場と、チア部でバタバタ駆け抜けた夏休み。終わってしまえば寂しいけど、こはね達が体育祭や文化祭で活躍できる機会が増えてきそう。ラストでその予感があるけど、詳しいことは次巻までのお楽しみ。あ~、電子版できらら本誌を販売してくれないかなぁ。本屋に行く時間がなくて辛いんですよorz。

アニマエール!  (3) (まんがタイムKRコミックス)
卯花 つかさ
芳文社 (2018-09-27)
売り上げランキング: 3,660

単行本

祝! アニメ化決定!!(こないだガルフレのデッキの記事で書いたので2度目)

連載23か月目のタイミングでアニメ化が決まるなんて思わなかったよ! 今後が楽しみ!!

(以下、ネタバレ含む)

単行本

チアリーダーモノと来ればチャーリーにしなかの『Cheers!』が有名だけど、成人向け雑誌で掲載されているのでちょっとハードルが高いなぁ、と思う人には小池定路の『ゴーゴーダイナマイツ』。そして、可愛さ重視で行きたい人に向けてピッタリなのが今回紹介する『アニマエール!』です。

人の力になることが大好きな鳩谷こはねがチアに魅了されて同好会を立ち上げるのだが、何もかもが未経験な彼女が七転八倒するのは百も承知。

今月(2017年3月)に最終巻がリリースされるゴーゴーダイナマイツはチア経験者が顧問の先生だけで、部員たちの内面に踏み込む内容になっていて読み応え十分。こちらは経験者と未経験者の3人からのスタートで、ヒロインの勢いで七転八倒したり……と、ヒロインの反応を楽しむ感じになっています。割と面白いので、肩の力を抜いて読む分にはちょうどいいかも。願わくは部員が増えて、大会に出られるまでになればいいんだけどなぁ。

アニマエール!  (1) (まんがタイムKRコミックス)
卯花 つかさ
芳文社 (2017-02-27)
売り上げランキング: 13,346

単行本

一人の幸せを奪い、その代わりに誰かが幸せになる。幸いなのか、それとも不幸の始まりか……。

単行本

とにかく「ヤバイ!」、その一言だけです。

(以下、ネタバレ含む)