魅魑(旧PN・鬼ノ仁)『シニビトガタリ』第1巻

鬼ノ仁時代に短編のバイオレンスSFをチャンピオンREDで掲載していたけど、その時よりもさらに経験を積んで帰ってきたなぁ……。

成人漫画家『鬼ノ仁』としてのキャリアに終止符を打ち、魑魅魍魎の頭2文字から取った(鬼の字を活かした格好になっているのは内緒で)『魅魑』として新たなキャリアを築く決意を感じさせる一般誌再デビュー作。

とあるゲスな高校教師は、禁断の食物”黄泉戸喫”(ヨモツヘグイ)を喰らい続けるあまり、中毒者となり「喰人犯」と化した。一方、宵闇家の姉弟である深夜(みや)と深月(みつき)は暴走した喰人犯・吉良吉影(あろうことかジョジョの第4部の登場キャラと同姓同名!)の襲撃を受け、深月は深夜を守る形で命を落とす。しかし、深夜は霊躰となり、喰人犯となったモノたちと戦うことに……。

ざっと読んだ感じでは、エロス描写どころかバイオレンス描写が凄まじい! 再デビュー作で人ならざる者との果てなき死闘を題材に選び、ここまで苛烈な話を描くとは――。成人漫画として最後の作品となった『新人女教師 新條優子』下巻の作者あとがきにて、「凶暴性を前面に出しますのである意味初心に返る感じかなーって」と書いていた通りの出来でした(参考リンク)。クリーチャーの凶悪さはかつての読み切り以上だよ!

鬼ノ仁の名を捨て、凶暴性を前面に出した衝撃のスプラッター! 今後の展開が待ち遠しい!!

魅魑
日本文芸社 (2019-04-08)
売り上げランキング: 22,280