小説

第1巻が出たのは、前作の『僕は友達が少ない』(以下、『はがない』)が完結する直前だったんだよなぁ……。

倍角文字やフォント変更を駆使したフォント芸を駆使する小説家、平坂読の最新作。前のブログでは感想をちょこっとだけ書いたのですが、その後積んでしまっていました。ゲームをあまりやらない状況なら、そろそろ崩してもよさそうかなと(第1巻だけは再読ですが)。何気に限定版買っちゃったし(^^;。

妹バカの小説家・羽島伊月はほんっとーに妹バカで、担当編集者から

「なっんっじゃっこっりゃあああーーー!!」

「普通でたまるかこの妹キ●ガイが!」

……と怒鳴られる始末。しかも、その後輩である可児那由多は羽島よりも売れっ子だが、出会ったところで……

「おげええええええええ」

と、いきなりゲロを吐かれてしまうわ、何が食いたい? と聞かれると

「先輩のおちんちんがいいです」

と下ネタをダイレクトにかましてくるけど文才は伊月よりも上だったり。

同業者の不破春人はというと、売れっ子作家だけど……

「んー、ツイッターでホモアピール

と、変人もいいところ。しかもリアル妹がいるが、これまたツンデレどころか兄に対する扱いがひどすぎる。んで言い負かされた末に……。

「豚になれ!!」

と怒鳴ってるし! イケメン台無しじゃねーか!!

とにかく、伊月達の周りにはそれ以外にも一癖二癖ある連中ばかりで、そいつらと遊んでばかりだったり。だが、弟と思われている千尋が実は妹だったということがラストでわかったり……と、今後の展開を予想させるシーンも(最新刊ではバレているが、それはまた別の話)。

いやぁ、『僕は友達が少ない』の時以来ですよ、ここまでゲラゲラ笑ったのは。フォント芸もさることながら、エロもゲロも満載。今まで積んでいて損したよorz。

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
平坂 読
小学館 (2015-03-18)
売り上げランキング: 205,014

小説

ハルヒシリーズ、ついに角川文庫本家に登場。但し、スニーカー文庫版についてきたイラストはありません。アニメ第1期第6話まですべて視聴済みで、スニーカー文庫版はとうの昔に読了しています。

キョンは高校入学の日に涼宮ハルヒと出会う。というか、出会ってしまう。キョンは彼女に振り回される形で、彼女の部活設立に協力させられることになる。部室として目を付けたのは文芸部の部室だった。そこに朝比奈みくると転校生の古泉一樹が加わり、SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)を立ち上げるのだが……。

アニメ化されたことがきっかけで原作を読んで10数年、まさか文芸小説という形でハルヒたちに再開できるとは思いもよらなかった。文芸小説になったとしても、アニメを見ていたおかげでハルヒたちがどう動いているのか、それが一目で思い出されるし、キョンを演じた杉田さんの名調子もいまだに脳裏に焼き付いてます。

さて、次は『溜息』ですが、こちらは稿を改めて……。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-01-24)
売り上げランキング: 1,947
涼宮ハルヒの溜息 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-01-24)
売り上げランキング: 1,946

単行本

世界の命運を賭けた戦、開戦!

ついに漂流者(ドリフターズ)と廃棄物(エンズ)の天下分け目の決戦が始まる! 最初は優勢だったドリフターズだったが、エンズを率いる明智光秀のな攻勢に打つ手なく敗走を始める。しかし、島津豊久は踏みとどまって大立ち回り。その先に居たのは、かつて敗走したあの新選組の男だった……!

もー、待ち焦がれていたとしか言いようがないほどにグイグイ来るぜ。全編クライマックス! それしか言葉が思い浮かばない! あと、今回は特装版を買ったんですが、いつ見るかというと……わからないな((^^;。テレビアニメをさっぱり見てなかったので(コラ)。

ドリフターズ 6―アニメDVD付き特装版 (ヤングキングコミックス)
平野耕太
少年画報社 (2018-11-30)
売り上げランキング: 1,994

単行本

フォン編、ついに完結! 待った甲斐があるってもんよ!

人民軍から見捨てられたフォンはロックとレヴィと共にロアナプラでサバイバルをすることに! レヴィは殺し屋三兄弟とのバトルの末に三兄弟の一人とセットでロアナプラ警察に御用となり、ロックとフォンだけでピンチを切り抜けなければならなくなる。しかし、ロックの機転がピンチをチャンスに変え、レヴィは一気に殺し屋四兄弟を二丁拳銃でぶっ倒す! 一人増えているのは気にしない!

レヴィの二丁拳銃とロックの頭脳、それが合わさってこそのブラックラグーン。いやぁ、読んで気分爽快とはこのこと。作者がRe:CREATORSの作成に手を出してたので(ちなみに広江先生はRe:CREATORSの原作者です)どうなるかと思ったけど、無事にフォン編はこれにて完結。最後はブラックラグーンにふさわしいドンパチが待っていた。本当に待ってて良かった。

連載ペースが落ちても続くけど、新連載をゲッサンで始めるとブラックラグーンの連載自体がおろそかになりそうで心配です。

ブラック・ラグーン(11) (サンデーGXコミックス)
小学館 (2018-11-19)
売り上げランキング: 2

小説

全部完結したライトノベルを一気に読み通したいと思い、この際全巻通読をしようかと。まずはエロゲライターとして活躍した丸戸史明さんの初のライトノベルで、二度のアニメ化を果たした『冴えない彼女の育てかた』(冴えカノ)から。

安芸倫也はどこにでもいる冴えないオタク少年だったが、春休みのある日、加納恵の帽子を取ったことから彼女と知り合い、彼女をヒロインにしたギャルゲーを作ろうと思い立つ。彼の知り合いには、外交官を父に持つも自宅ではジャージ姿で売れっ子同人絵師の澤村・スペンサー・英梨々に、見た目はクールだが口を開けば毒舌と下ネタの嵐のライトノベル作家の霞ヶ丘詩羽が居て、この二人に協力を頼みつつ企画書を描き上げるのだが……。

……と、あらすじを軽く消化するのは良いが、この作品には濃いネタが満載なのも特徴。第1巻では、

「バーチャルアイドル? ボーカロイド? 国民的カノジョ? 3Dカ〇タ〇少女?」
「いや、最後のは……」
USB接続するとますます危険なような気が。

というのは序の口で(さすがに3Dカスタム少女は古いかと。残念ながらメーカーは解散しちゃったけど)、

 最低のクズに陥落させられたような俺の叫び声に、年収の低さを嘆くような加藤の驚きの声が重なる。

と、転職サイトのネット広告を思わせる書き方をしたりと……。

不安だらけの(?)倫也の恵をヒロインにしたゲーム制作、いったいどうなっていくのか? 彼の長い物語はここから始まるのだった。

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)
丸戸史明
KADOKAWA/富士見書房 (2012-07-20)
売り上げランキング: 149,775

単行本

チアリーダーモノと来ればチャーリーにしなかの『Cheers!』が有名だけど、成人向け雑誌で掲載されているのでちょっとハードルが高いなぁ、と思う人には小池定路の『ゴーゴーダイナマイツ』。そして、可愛さ重視で行きたい人に向けてピッタリなのが今回紹介する『アニマエール!』です。

人の力になることが大好きな鳩谷こはねがチアに魅了されて同好会を立ち上げるのだが、何もかもが未経験な彼女が七転八倒するのは百も承知。

今月(2017年3月)に最終巻がリリースされるゴーゴーダイナマイツはチア経験者が顧問の先生だけで、部員たちの内面に踏み込む内容になっていて読み応え十分。こちらは経験者と未経験者の3人からのスタートで、ヒロインの勢いで七転八倒したり……と、ヒロインの反応を楽しむ感じになっています。割と面白いので、肩の力を抜いて読む分にはちょうどいいかも。願わくは部員が増えて、大会に出られるまでになればいいんだけどなぁ。

アニマエール!  (1) (まんがタイムKRコミックス)
卯花 つかさ
芳文社 (2017-02-27)
売り上げランキング: 13,346

単行本

(原文:2017年8月29日公開)

こち亀が抜けた穴を見事に嵌めてくれたのは、『サンケンロック』と『Origin』のBoichiさんと稲垣さんのタッグでした。スゲー面白いよ!

(以下、ネタバレ含む)