単行本

(原文公開:2018年4月23日)

恋愛工学(ぶっちゃければ心理学を応用したナンパテクね)をモチーフにしたラブストーリー、ついに完結。今回は第13話~最終話迄を大ボリュームで収録しています。その分ちょっと値段はお高め。

描かれている内容は概ね原作の後半そのまま。ただ、雑誌連載の時と違って渡辺が首を言い渡されるシーンはガッツリ描き足しを加えていました。Sランク美女を手に入れて、地に叩き落された渡辺の絶望の表情は見ものです。

そのあとで渡辺は、傷心旅行で向かった伊豆でモテなかった時代に顔見知りだった女性と再会、そして……。

女にリードを許される男を描くことが多い(DMMの電子書籍での立ち読みで知る限りですが。ちなみにR-18なので未成年者はダメよ!)井雲先生が、ここまで男性に向けてエールを送る作品を描ききった。ラストが若干尻すぼみだったのは否めない。もうちょっと深く描いてくれればなぁ。

自分も、早く渡辺の様に素敵な女性と巡り会いたいです……が、最後のあとがきがすべてを帳消しにしていました。知りたい方はカバー裏も是非w(今のままでいいや……いや、よくない)。

ぼくは愛を証明しようと思う。(3) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2018-04-23)
売り上げランキング: 25

単行本

(原文公開:2017年6月23日)

第2巻は第7話『クラナン』から、第12話の『愛などいらぬ』までを収録。

第2巻は第2章の『出会いのトライアスロン』から、第3章の『はじめてのデート』、そして第4章の『恋愛プレイヤー』までを収録しています。その間の休載について全く触れてなかったのが残念……。

一気に成長した渡辺だが、その先に待っているのは……。原作を読んでいるからラストはわかっているけど、そこまできっちり収録してもらいたい!

ぼくは愛を証明しようと思う。(2) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2017-06-23)
売り上げランキング: 27

単行本

(原文公開:2016年7月22日)

コアマガジンの漫画誌で男総受けの成人漫画を描いていた井雲先生の初となる一般誌連載は、『げんしけん二代目』や『波よ聞いてくれ』などが絶賛連載中のアフタヌーンでの小説のコミカライズ。『天地明察』の後釜となれば、期待しても当然でしょう。

なお、一昨日に冴えカノと妹さえいればいい。も買ったけどさっぱり読んでません……(だめじゃん)。

(以下、ネタバレを含むため格納)