小説

熊倉隆敏先生の漫画版をちょっとだけ読んでいたのをきっかけに、原作ではどうなっていたのか気になり購入。作者初の現代劇であり、ミステリーだが、最後までどうなるか心配しながら一気に読んでしまいました。

(以下、ネタバレ含む)