小説

(原文公開:2016年12月16日)

第1巻で頭が悪いやり取りとPTAすら恐れないド直球のエロスで多くの読者をあっけにとった『愛は歴史を救う』が帰ってきました! 最近の集英社は攻めてるなぁ。

今回はナポレオンはじめ4人を妊娠させたところからスタートするわ(しかもエジソンに至っては子供産んでます)、藤原道長とナポ子が短歌で罵り合いするんですが、平安時代に平気で×××とか〇〇〇〇とか言うなぁ……お前らw。もちろん、最後はおいしくいただいちゃってるんですが(今回もイラスト付き!)。

そしてヴラド・ツェペシュに至っては監禁された末にやっちゃうわ、そしてヒロインたちがミツキの過去に吹っ飛ぶわ……。なお、吸血鬼に至ってはジョジョやHELLSINGなどが名前を出さない代わりにきちんと出てます。すっかりオタク少女になったなぁ、アリスもw。

もうね、今回も「何もかも忘れてバカになってしまえ」の一言に尽きるわ。エロスはド直球だし(イラストも全部それってのはひどすぎるぜ)、罵り合いでは笑いすぎて腹筋よじれること確実だし、言うことなし。ラストでは世界の歪みを発生させたのは誰なのかという謎も少しずつであるがわかるので、ますます次の巻が楽しみになりそうです。いろんな意味で(性的な意味もあるよ)。

追記:続編はまだみたいです。別のシリーズや実写映画版銀魂のノベライズ版などをやっているからかなぁ……。こちらもはよ再開してくれ~! 頭空っぽにして楽しめるのになぁ。

小説

(原文公開:2016年8月18日)

こち亀ジャンプの書籍版を買ってやっと開封して大笑いしたあとで読んだとは流石に言いがたいですが(むちゃくちゃ面白かったよ!)、こちらは筆者挨拶で「これ一般書籍扱いで出せたな」と書いた通りの出来でした。

時空の乱れで歴史が改変されるわ、偉人が女の子になるわ、そして主人公が女の子をガッツリいいようにいただくわ、そして○○○するわ……ってこれJUMP J BOOKSだよね? ……と、思ったらイラストが最初の1枚以外全部エロシーンってのはどーゆーことだよ!! マジでヤッてるし! ○○○しているし!!

内容については……宇宙の危機を救うために(と言うよりは姉代わりのフレデリカさんに認められるために)特殊機関のエージェントになって過去に飛ぶ→美少女と化した偉人を助けてはルパンダイブ→仲間に加える……の繰り返しです。もうそれしか言いようが無い。

ナポレオンがドジっ子になるわ(しかもイタリア戦争の途中でロボットが出てくる!)、アリストテレスがドSの毒舌ロリになったり(しかも人間wikipediaでアニオタのおまけ付き。ナポレオン救出の時はジブリアニメをマラソンして、主人公に「うるさいです。バルス」とラピュタの滅びの呪文をのたまう)、呂布が爆乳のドMで○○○を○かれて○○たり(R-18にしないためにも伏せ字にしました)、エジソンが子犬キャラになったり……と、これまたやりたい放題したい放題。伏せ字にして紹介した方がいいのかしら。

なお、ラストを見るとまだまだ続く模様。頼むからムハンマドとイエス・キリストを美少女化しないでください、マジで(世界情勢が怪しい上にインターネットが普及した現在では洒落にならないからだ)。そして表紙をめくると……いいのかよこれw。

追記:BOOK WALKERで8月31日まで電子版を買うと、ナポ子のヴォイスドラマが付いてきます。気になる方は是非どうぞ。ダウンロード期限は8月31日までなのでお早めに!(エロもありますので注意)