雑誌/ウェブ

先月分が大幅に遅れましたが、今月は発売後1日と言うタイミングでお送りします。ヴィンランド・サガが面白い展開になりそうだぜ……。

(以下、ネタバレ注意!)

雑誌/ウェブ

イースIXが、例年通り9月末に発売決定となりました。閃の軌跡IVが昨年の同じ時期に出たなぁ……。買ってから全然やってないんだけどorz。

あとはXB1の外付けHDDがしょっちゅう認識しなくなるので、ボダラン2ダブルパックのPS4版を買っちゃいました。セールでワンコインだよ!? 買うしかないでしょ!! PS4版でボダラン1買うフラグになりそうだけどね……orz。

1日遅れましたが、今回も3本立てでお送りします。GW進行でいろいろあって疲れた……。

雑誌/ウェブ

今月は以前のブログ以来となる3つの連載を取り上げます。

雑誌/ウェブ

今月ははしアンしかやれそうにないです。ゴメンなさいm(__)m。

(以下、ネタバレ含む)

単行本

まずはお知らせから。

ブログの記事のタグ付けが終わりました。それに併せて積読分を『非オタの……』の番外編と『チアーズ!』の既刊全部(明日、ついに漫画版第1巻が発売!)、そして『ウィッチャーIV ツバメの塔』に絞りました。あとはどれだけ消化するかですが、明日から忙しくなりそうなので全部行けるかなぁ……(^^;。

さて、ここからはしっこアンサンブル2巻の感想に入ります。第2巻の部分が連載されていたときにトラブルがあったので、第7話~第9話はまた一から読み直しです。合唱部に次々人が揃う……だけじゃない。木尾先生と来れば単行本では4コマを入れてるのですが、今回はきちんと入ってます。

(以下、ネタバレ含む)

単行本

あれ? 確かに「荻野先生」って言ってなかったっけ? となると、げんしけん二代目の続きなの? なスピンオフ? なのかどうかは作者のみぞ知るな第3巻目。

雑誌/ウェブ

1日遅れとなりましたが、内容はいつも通りでお送りします。

単行本

波戸らしき女性(?)も登場して、ますます混迷を深める「あったかもしれない未来」第2弾。

雑誌/ウェブ

イブニングの話ですが、カイテンワンが次の号で完結とのことを知って唖然としています。まだ続きそうだと思ったのに!

はしっこアンサンブル 第11話「少しもわかんにゃい」

どの学校にも落ちこぼれは居る。端本工業高校の1年生では建築科の倉田栞音(くらたしおん)がその一人だった。

見た目は美人なのに、やたら足を引っ張る、訳の分かんないことを言う、授業は全くついていけない……。明らかに普通科に行ったほうが良かったタイプだよなぁ(^^;。

一方の合唱愛好会は折原が良く来るようになるも、木村&折原はテストが壊滅的だったために補修に行くことに。実質2人じゃないか……(^^;。

話を戻して、倉田は授業には全くついていけず、クラスメートとは全く仲良くなれずで学校を辞める一歩手前の状態でした。んで、柔道の授業でなんと彼女はピアノをやっていたことが発覚。しかも腱鞘炎を悪化させてしまって学校を辞めると言い出してしまって……。誰か彼女を止めて! といったところで次号へ続く!!

波よ聞いてくれ 第47話「あなたは引き留めない」

札幌に戻ってきてからというものの、ミナレは深夜ラジオでDJとして絶好調の状態にあった。今まで他のスタッフの手伝いをしていた南波さん、ミナレさんのプロフィールを弄ったり、番組の公式ツイッターを作ったりと大忙し。そんなところに、引きこもりの息子を何とかしてほしいというダイレクトメールが! なんだかんだで、麻藤のおっさんに取りつかれた南波さんの提案を受け入れるミナレさんであった。例の一件がいい感じに作用しているやないか。

一方で中原はというと、やっとマキエと二人きりになって一安心。だけどマキエさんは中原に想うところがあって……。

さて次回は、ラジオの歴史が変わる(?)かも。例のラジオ番組がやってくるのか? 2月には単行本が出ることだし、どーなるか楽しみですわw。

そのほか、気になることいろいろ

今年のアフタヌーンは本当に大豊作! 『このマンガがすごい!2019 オトコ編』にて『天国大魔境』が第1位、『ブルーピリオド』が第4位、『来世は他人がいい』が第8位を獲得したとの発表が! それと、『イサック』が第2回さいとう・たかを賞を受賞。

分業を行っている作者に光を当てた漫画賞を射止め、なおかつそれ以外の漫画も大絶賛の嵐。アフタヌーンは漫画の宝庫なので是非漫画読みは確実に抑えるべし。

来年1月発売の3月号からは女神さまのスピンオフとダンスを扱った新連載が開始。来年も熱いマンガが期待できそうです。

単行本

げんしけん二代目屈指のシーンと来れば斑目さんが咲さんにフラれるところですが、もし斑目さんと咲さんがくっついていたら……? を連想させるようで、きっちりとそれについて明かしていないスピンオフ。