単行本

全力でグダグダしてます!

コハク&アキハ様で繰り広げていた前作(『コハエースDX』)から、ノッブ(織田信長。CVは釘宮さん)とオキタ(沖田総司。CVは悠木さん)にバトンタッチして、Fate/GOメインで繰り広げています。

うちはFate/GOはフェードアウトしていますが(理由:ガルパとアズレンをやっているから)、小ネタでがっつり笑わせてもらっています。経験値先生、タゲーのネタの引き出し多すぎ! Fate/GO以外にはモンハンとか、発表されたばかりのSEKIRO、それにスパイダーマンとか……。やる暇ないんだよなぁ、車の免許絡みで車ゲーしかやれないので……(^^;。

なお、本編の最後ではとんでもないのが出てきます。武内社長ぉ~~~~!! またやってくれたんですね~~!!! これについては見てのお楽しみに。あとは同人誌で描いた昔話も。意外と泣けます。

ぐだぐだエース(1) (カドカワデジタルコミックス)
KADOKAWA / 角川書店 (2019-03-09)
売り上げランキング: 2,096

新書/エッセイetc

TYPE-MOONの二人……奈須きのこと武内崇の出会いから、『月姫』、『Fate/stay night』、『魔法使いの夜』、そして『Fate/Grand Order』までに至る軌跡。

自分は月姫はそんなにやっておらず(正式な方法で手に入れてないのでノーカウント!)、本格的にTYPE-MOONのゲームにはまったのはFate/stay nightのPS2版であるRealta Nuaからで、一部作品は全く読んでなかったりする中途半端な人間ですが(Fate/GOもさっぱり……)、Fate/stay nightの各ルートで話の内容が大きく変わるところは自分も驚かされました。PS2を1Fのリビングにあるテレビにつなげてプレイしてたこともあるんだよなぁ……。

月姫などの作品のあらすじを理解していないとわからないところが多くあるので、TYPE-MOONってなんぞや? という人にはかなり薦めづらいです。Fate/GOから入った人は、出来る限り空の境界シリーズを読んで、それから本書を読み解くと良さそう。

TYPE-MOONの軌跡 (星海社新書)
坂上 秋成 武内 崇
講談社
売り上げランキング: 110,403